オーディオブックの最近のブログ記事

今回の放送は水素船ブルーノア号の航海日誌です。

水素船ブルーノア号の航海日誌を担当した宗像君は。本来、船に乗る予定はありませんでしたが、数ヶ月前から準備をしてきた人が、熱中症でダウンしてしまったため、急遽、代役が必要になり、思いがけずメンバーに選ばれました。ところが宗像君は、船の免許を持っていないどころか、船の舵すら握ったことがありません。そこで、5日間位かけて出発前に訓練をして、後はシンガポールまで航海しながら、進みながら、特殊使用の水素船の操縦を覚えていくという事になりました。

そして、9月2日に大阪湾から出港する事になります。この日は風が吹いていなかったので、リチウムイオン電池でモーターを回して進むことになりました。だいたい5ノットくらいは出るみたいです。ちなみに、1ノットは1時間で1852メートル進みますので、5ノットだと時速9キロちょっと、という事になります。一日目の航海はとても順調で、お昼には関西空港を通過して、夕方の17時には淡路島の洲本にある、サントピアマリーナまで進むことができました。

9月3日(2日目)この日は大阪湾から紀伊半島に向けて南下する事になります。潮の流れの関係で、お昼の12時まで待ってから出港しました。引き潮に乗れば流されながら進めるので、これを利用すれば省エネになるそうです。15時には和歌山市沖まで進み、そのまま順調に南下します。夕方の17時、有田市沖、深夜の23時には和歌山県、紀伊半島の西端の日の岬沖から、四国の徳島県、蒲生田岬を目指します。

9月4日(3日目)この日は四国の徳島沖を南下します。早朝に蒲生田岬沖を南下、そのまま順調に進み、夕方になる頃には牟岐大島を通過し、深夜の24時には高知県の東の南端にある室戸岬まで10マイルのところまで近づきます。ここで、船長は宗像君に舵を任せて休む事にします。岸に近づきすぎると、定置網に引っかかったり、岩礁に乗り上げる危険がありますので「安全策で沖に出るような感じに進もう」と宗像君に告げてから寝ます。宗像君はその通りにしたのですが、どうやら進み過ぎてしまったようで、かなり沖の方まで出てしまい黒潮に引っかかってしまったようです。

うすうす怪しい感じがしましたが、宗像君はまだ慣れていませんし、船長は眠ってしまいましたので、一人では方向転換もできません。南西へ進もうとしているハズなのに、GPSを見ると、どんどん東へ流されて行きます。さて、宗像君はこのまま無事に航海を続けることができるのでしょうか?それとも黒潮に流されてしまうのでしょうか?続きはメルマガ「秋月便り」にありますので、そちらを読んで下さい。


今回は大阪湾での金星食の様子をお伝えします。

2時44分、大阪湾です。今、雲の裏側にて金星食が始まっているという状態です。

3時01分です。今、雲が薄くなってきて、月が見えてまいりました。今、月の裏に金星が入っているはずです。

3時27分です。今、金星が月から出てきました。徐々に徐々に金星が大きく明るくなってきています。

3時29分です。ほぼ、金星が出てきたと考えられます。しっかりと空に月と金星が映っています。


IMG_0345.jpeg

今回はUSTREAMの大銀河放送局で公開された、電子負荷装置の紹介です。

これが電子負荷装置です、この電子負荷装置を利用すると、指定した電流値で電気を取り出すことができます。例えば0.5A電流値を指定しました。そうすると電圧が10.8Vで電気が取り出せています。この装置が大切になってくるのは、燃料電池を一番最初に立ち上げる時に、重要になってきます。燃料電池というものは、メタノールと空気を流したら、スグに最大出力が出るわけではなくて、少しづつ出力が5w10w20wと上昇していきます。その時、燃料電池というものは、ある一定の電圧よりも、低い電圧で電気を取り出してしまうと、中で良くない化学反応が起きて、壊れてしまいます。そこで起動時に電流、電圧、両方監視しながら、少しづつ取り出す電流値を上げていき、この値が一定値よりも下にならないようにしながら、出力をあげていく、という操作をします。

8月11日土曜日、18時より、USTREAMの大銀河放送局にて、各種テクノロジーの動作実演デモを行います。今回放送した、電子負荷装置の他にも、水素エネルギードライブやリチウムイオン電池など、今後予想される大規模停電が発生した時に役立つテクノロジーを紹介します。

本来でしたら、夜会に参加して実物をご覧になって頂きたいのですが、日程の都合上、どうしても参加できない方のために、今回の実演デモを放送しますので、本日参加できなかった方は、是非、ご覧になってください。また、動画をご覧になられて、興味、関心を持たれて方は、東京ビッグサイトで開催されている、コミックマーケット82にご参加ください。

8/12(日) 11:00~16:00 [橘研究所]  東2ホール "R"ブロック-25b です。



今回は宇藤さんから警備部の設立についてご説明していただきます。

現在、首相官邸前で毎週金曜日に10万人を超す参加者が集まる反原発デモが起きています。これまで政治に無関心だった日本人も、徐々に政治に関心を持ち始めているという事だと思います。さすがに、これほどデモの参加人数が多くなると、デモの参加者の中からも「このままではいけない」という思いに駆られ、政治の世界に参加する方もあらわれることでしょう。ただし、素人が政治の世界に参入するには様々な課題があることが判明しています。遠隔教育「秋月」では、去る2008年に「学問として」政治団体の設立運営を行う活動を行っておりました。 その時は、峯山政宏さんという若い勇敢な男性によるものでした。 その彼が、代替エネルギーの普及促進を図る政治団体を2008年冬に設立したのですが、後援会メンバーに対する脅迫電話がかかり、その対応が全く出来なかったため、 後援者の身の安全を確保するために解散を余儀なくされてしまい、本人はその後連絡がとれない状況に陥ったという経緯があります。

そこで、脅迫や妨害行為に対する対策といたしまして、遠隔教育「秋月」では、政治家や政治団体を守るための警備部を設立することにいたしました。先に警備部だけでも作っておけば、のちのち政治家の立候補や政党の設立がしやすいですし、政治家や政党を応援する有権者にしてみても、そういった警備システムがしっかり整っていた方が、安心して政党や後援会に入れるでしょうから、警備部を作っておく事で、一般人でも気軽に政治に参加できるようになるかと思います。実は警備員の資格というのは、国家資格です。「健康で真面目な人である」ことを国家が証明してくれる資格でもありますので 、巨大地震や原発震災などの災害が発生し、引っ越しをした際の再就職にも有利になります。警備部は知識や学歴よりも、モンスター対策としての勇気や正義感があれば務まりますので、今までの遠隔教育「秋月」では、ハードルが高そうだと感じていた方でも入れるかと思います。警備部に興味関心のある方は、東京ビッグサイト開催されるコミックマーケット82にご参加下さい。

8/11(土) 11:00~16:00 [流水成道]  西2ホール "す"ブロック-21a
8/12(日) 11:00~16:00 [橘研究所]  東2ホール "R"ブロック-25b
となっております。よろしくお願いします。



今回は佐藤さんから現在起きている中東問題についてお話していただきます。

シリアで何万人もの人が亡くなられています。政府側にはロシアがついている状況で武器もたっぷり持っています。反政府側にはイスラエルと、アメリカ、イギリスがついて、長期間に渡って、内戦が続いているというふうな状況です。オバマ大統領は撤退しようと一生懸命努力はしているんですけれども、アメリカも一枚岩ではなくて、戦争を始めたいという人達が一生懸命アメリカを巻き込もうと努力をしている、というのが現状でございます。

日本というのは、中東からたくさんの石油を輸入して、やりくりをしている構造があるわけで、中東の平和が保たれていないと、石油の値段が上がったりだとか、石油が下手をしたら入ってこなくなるという事態になって、石油危機再来というふうになってしまう。また、アメリカと日本は同盟国ですので、前の湾岸戦争でしたら一兆円ほどで済みましたけれども、今回は10兆円ぐらいよこせと言ってきたりとか、金がないというなら自衛達を出せというふうに言いかねない。そうなったら、タダでさえ日本の中央政府の状態もガタガタなのが、よりガタガタになって、日本は何も決められないという国が続いてしまうというふうになる。

もう一つはエネルギー問題がドンドン悪くなるという事で、ただでさえ原子力発電所を停めている状況で、今度は火力発電所の燃料が値上げになるという事で、日本の電気はドンドン上がる。それだけで済まずに不況になるという形になって、大変な事になっていくと思われます。

コミックマーケット82  at 東京ビッグサイト 
 8/11(土) 11:00~16:00 [流水成道]  西2ホール "す"ブロック-21a

 8/12(日) 11:00~16:00 [橘研究所]  東2ホール "R"ブロック-25b

当日の会場では、燃料電池を使ったデモを行います。8月11日の夜会で、大容量のリチウムイオンバッテリーを使った展示とか、デモンストレーションをしますので、是非皆さん、こちらに来ていただいて、お話できればと思っております。



iTunesのPodcastメニューの画面にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。


2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31