教育における革命の最近のブログ記事

民にならない為に

| トラックバック(0)
日本ではガイガーウォッチャーと呼ばれる放射能測定者がいる。
中越沖地震の際に柏崎刈羽原子力発電所で火災が起き放射能漏れがあったが、
この時、同所のネット公表装置は何故か故障していた。
いざというときに公表は当てにならない。
しかしこれを全国に散らばる放射能測定者網が連動して行えば
公表に頼ることなく状況を知り共有することができる。
一個人が孤軍奮闘するよりも大きな影響力を及ぼすことができよう。
これは地震の予兆を察知しようとするラドンウォッチャーでも同様だ。
個人がセンサーとなって情報を発信し、
情報を集約して解析共有する放射能測定者網、
あるいはラドン測定者網を張り巡らすことことが可能になっている。

出典:秋月便り 教育における革命

柏崎原発の放射能漏れの際には、なぜかネット公表装置が故障していたそうです。公表できないほど高い数値が検出されたので隠したのか、もしくは放射能漏れを無かった事にしたかったのか、そのどちらかでしょう。地震で発生した被害は天災だったとしても放射能漏れで起きた被害は人災になりますから、誰かがその責任を取らなければならなくなり、原発の存続も危うくなるので責任逃れの為に情報をもみ消したのでしょう。公共性よりも利権や利益を重視する姿勢が見て取れます。

東京電力は株式会社ですので、当然ながら株主がいますし株主総会もあります。これはどういう事かというと、新潟県外に住んでいる株主が自分達の利益の為に、危険を承知で原発を運転させる事ができるという事です。柏崎地域の安全を考えて廃炉を提案する株主がいたとしても、廃炉による損失を嫌う株主がより多かった場合、安全性を全く考えずに運転再開を目指す事になります。例え廃炉の提案が正しい判断だったとしても、それが株主の利益に結びつかなければ提案は否決されてしまう事になるでしょう。

また、株式公開を行っている以上は、日本人以外の株主もいるでしょうから、外資による買収が行われる可能性も出てきます。もし外資が大株主になってしまった場合、きちんと安全性を考えて運転をしてくれるのか?という疑問を感じます。日本で原発事故が発生しても海外に住む人達は健康被害の恐れがないのですから、利益の為に危険を承知で原発の運転に踏み切る可能性が出てきます。現在株価は下落傾向にあるので、企業買収に対する何らかの防衛策がなければ、安全が確保できなくなってしまうかもしれません。

原発は特定の人間の利益の為に動いているのであり、電力需要の為に稼働している訳ではありません。そして利益を追求するあまり安全性や情報公開をおざなりにして、危険を承知で稼働させています。放射能は目に見えないので、漏れていたとしても測定者がいない限りは、事実をいくらでも隠蔽できます。つまり目が見えない『民』は真実を知る事ができないという事です。原発に関する情報は大本営発表と同様に当てになるものではないので、自分達の身の安全を守る為の情報は自給しなくてはならなくなっています。

ガイガーウォッチャーになれば公表される改ざんデータとは違い、誰よりも確かな情報を得る事ができるので、危険からいち早く逃れる事がでるでしょう。また、一人で放射能の測定を行うよりも複数の人と情報を共有すれば、どちらの方角が安全なのかを確認できるので、避難ルートを知る事ができます。そして命に関わる貴重な情報は人から必要とされるので、イザという時に価値を生む事ができるでしょう。協力者が多ければその分だけ事故が発生した際の生存率が上昇します、原発の被害に不安を感じる人はガイガーウォッチャーに参加して、情報の発信と共有化を行いましょう。

関川 拝
 現在の危機的状況は別な面でもまた深刻な状況をもたらす。
それは情報の洪水だ。
おびただしい量の情報が世界中を駆け回っている。
その中の一部は正しい情報であり、
一部は誤報であり、また一部は意図的な煽動である。
この多すぎる情報は人々の脳を情報の洪水で飽和する。
その情報を処理しきれない者は情報によって殺されるだろう。
あるものは情報で脳が飽和し短絡的で衝動的な行動となり、
またあるものは自分にとって居心地のいい情報だけに耽溺する。
今まさに情報のフラッディング(洪水)が生じている。
旧約聖書において、ノアは大洪水を前に
次の世界に生きるものを集めて方舟に乗せて未来に希望を繋いだ。
彼を嘲り笑っていたのものは大洪水に呑まれ滅びた。
そして今、世界はカオスの海に呑まれようとしている。

出典:秋月便り 教育における革命

現代社会では情報量が余りにも多すぎる為に、全ての情報に目を通す事は不可能となりました。ですから情報の取捨選択を行う必要がありますが、個人によって判断基準が違いますので、本当に必要な情報に目を向ける人もいればカルト宗教の信者のように、自分にとって居心地のいい情報ばかりに耳を傾け、都合の悪い情報には耳を塞ぐ人が出てきます。現実を見たくない人、考えたくない人、つまりは現実逃避に走る人達です。

現実を良い方向へ導く為には、何をするべきなのかをきちんと考えて、それに向かって地道な努力を行う必要があります。しかし現実逃避に走る人達は、自分達にとって都合の良い未来を信じていたい人達ですので、考える事をせずに信仰に向かい、地道な努力を忘れて希望的観測を追い続ける気違いになります。一生懸命に努力をするよりも「願い」や「祈り」の方が簡単ですから、あまり賢くない人達ほど現実逃避を行いがちになります。

気違いの妄想がエスカレートすれば、匿名ブログや匿名掲示板は誤報や煽動の情報で溢れ、社会を混乱させる事になります。気違いの集団と情報の洪水に巻き込まれたくない人は、地道に学習を続けて対策をとる事をお勧めします。類は友を呼びますから、まともな人と気違いとの二極化が今後はいっそう進むでしょう。何年もかけて知識や技術を身につける事は、決して楽な道ではありませんが、困難な時代を乗り越える一番の確実な方法になります。

関川 拝

炭鉱を核のゴミで覆う

| トラックバック(0)
これまでリスク回避で生き延びてきたTV文化人は、
この未曾有の危機への対処法として、
西欧あるいは江戸時代を持ってくるしか能がない。
では、現在の1億2,000万という人口を江戸時代の人口3,000万人にまで戻せるのか。
誰もこの状況に対する対処法を提案できないのだ。
なぜなら今回の危機はこれまで世界をリードしてきた炭素文明自体
の危機だからである。とうてい小手先の対応で何とかなるようなレベルのものではない。
新しい文明のプランを提案できるようでなければとても対応できないのだ。

出典:秋月便り 教育における革命

日本の人口は現在の石油文明で1億2000万人、明治時代の石炭文明で8000万人、江戸時代では3000万人となります。江戸時代はエコロジーな文明のイメージがありますが、それは資源が乏しかったからこそエコロジーだった訳で、それなりの資源しかなければそれなりの人口しか保てません。ですから石油や石炭などの化石燃料が使えなくなった場合、日本は現在の人口を保っていく事はできないでしょう。石油が枯渇すれば海外からの食料の輸入、農業機械やビニールハウス使った農業、生産した食料の輸送ができなくなるので、もしそうなれば、貧しい人や弱い人から順番に生き残れなくなるでしょう。

石油が高騰すればそれに変わるエネルギーが必要なので、国内に残された炭鉱の価値は上がるはずなのですが、財政破綻した夕張市の炭鉱の多くが閉山されたままです。夕張市の炭鉱は国内第一の規模と炭質を誇っていましたので、石油が高騰すれば真っ先に再開発が行われてもおかしくないと思うのですが、せっかくの資源を有効活用するどころか、高レベル放射性廃棄物の最終処分場の候補地になっています。もし夕張市が高レベル放射性廃棄物の処分場となれば炭鉱を核のゴミで覆う事になり、イザ石炭が必要になったとしても掘り出す事ができなくなるでしょう。石炭が採掘できなくなって喜ぶのは原発利権です、もし火力発電ができなくなれば、原発で永久的に利権の確保ができるからです。

もちろん石油だけではなく石炭もいずれは掘り尽くすでしょうから、日本は次のエネルギーへの移行を目指さなくてはなりません。もし、それが間に合わなければ江戸時代の人口まで削減されてしまうでしょう。残された石油や石炭を上手に活用しつつ、水素文明を作る事ができれば多くの参加者が生き残る事ができますし、協力者が多ければ多いほど、スムーズに文明が移行される事になります。化石燃料が枯渇する直前になってから慌てて対応するよりも、少しでも余裕があるうちに新しい文明を作る準備を進めましょう。

関川 拝

ソフトウェアの普及

| トラックバック(0)
詳細は本文を読んで頂ければ判りますがハードウェアの普及より
ソフトウェアの普及に時間がかかります。
パソコンの性能を10倍にする事はできても、
その機能活用を10倍にすることは困難です。
例えばアフリカのハドサ族は食物獲得に費やす平均時間は2時間以下です。
業務の内容が事務作業で多くの作業をパソコンで行っている場合、
パソコンの機能活用が10倍になれば8時間の1日労働は48分で終る事になります。
しかし、人間世界ではそうはなっていません。
パソコンの性能が向上してもソフトウェアである運用が追いつけないのです。
狩猟採取民族の平均労働時間は3時間から4時間です。
残りの時間は遊んで暮らしています。

出典:秋月便り 教育における革命

狩猟採取民族の平均労働時間が3時間から4時間というのは羨ましいですね。現代社会の正社員は1日8時間は働いていますので、現代人の半分位しか労働に時間をかけていない事になります。狩猟採取の生活では食べていけるだけの食料を収穫すれば、どれだけ時間が短くでもそこで仕事は終了なのでしょう。獲物を乱獲し過ぎると生態系がおかしくなりますし、第一人間が食べる事のできる食料の量はある程度決まっていますので、必要以上に蓄える必要もないのでしょう。環境に優しく持続可能な生活をしているといえますね。

ところが現代の資本主義社会では、仕事の効率を上げて8時間の仕事が4時間に短縮されたとしても、その分だけ早く家に帰れる訳ではありません。今まで8時間かかった仕事が4時間で済むのなら、生産量を2倍に増やそうと考えるからです。生産効率を上げた分だけ生産量が増えるので、大量生産、大量消費、大量廃棄となります、パソコンを作っている会社は儲かりますが、パソコンを使っている人は仕事の量が増えるだけなので、生活は豊かにならないようです。結果的に供給過剰となり仕事を奪い合いになります。資源の無駄が多く永続制はありません。

今までは資本主義の経済システムで何とか上手くやってきましたが、今はもう限界が見えてきています。長時間労働により体を壊す人がいる反面、全く職に就く事ができない人も出ています。現在の貧困率は7人に一人ですが、今の経済システムが続く限りは、ますます貧困率も上昇し失業者が溢れるでしょう。

小手先の改善ではなく産業構造を根本的に見直す必要がありますが、新しい産業構造を作ったとしても、ソフトウェアである運用が追いつけません。自動車だけ作っても教習所で学ぶ人がいなければ運転できないという事です、ですから早めに学習を行い慣れる事が重要になります。何事も慣れるまでは大変ですが、身につけてしまえば便利になるものです。

人が苦労をしてまでなぜ努力をするのか?それは努力をしなければ後々になってから本当に苦労をするからです。苦手な勉強をするのは誰でも嫌な事ですし大変な苦労しますが、苦労の後に明るい未来があると思えば人は努力できます。持続不可能な経済システムを先延ばしにするよりも、自ら進んで持続可能な経済システムに参加する為の学習を始めましょう。

関川 拝

iTunesのPodcastメニューの画面にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。


2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31