レンタルサーバーの感想の最近のブログ記事

低価格で使いやすいサーバーが見付かりました、ミニムサーバーをお勧めします。月額200円からの低価格、マルチドメインと複数データベース、AWstatsアクセス解析が使用可能な高性能サーバーです。無料お試し期間は14日もありますので実際に試してみて下さい、ここまで機能が充実している低額レンタルサーバーは他には見当たりません。実際に使用してみると再構築が少し遅い気がしますが、他には特に問題になるような点もなく現在快適に使用しています。

ロリポップが月額263円で1GB、マルチドメイン無し、MySQLデータベースが1個なのに対して、ミニムは月額250円で1GB、マルチドメイン50個、MySQLデータベースが5個あります。比べてみると性能の違いは一目瞭然ですね。ロリポップのようにロリポブログ、ホムペロリ、カラーミーショップ!ミニ、等の多彩なサービスはありませんが、データベースが5個もあればブログを設置するならMovableType等を、ネットショップを開くならEC-CUBE等を自由にインストールする事ができます。ブログ衆としてサーバーを使う予定ならマルチドメインとデータベースが複数あるミニムの方がブログや新聞を作成するのに便利ですね。

さくらの場合は一度プランを決めると途中で変更できないので、例えば500MBプランで容量が足りなくなった場合でも、3GBプランに変更することができませんでした。しかし、ミニムは途中でプラン変更が可能なので、500MBプランから1GBプランへ変更することも3GBプランに変更する事も可能です。初めてブログを作成する人はどのぐらいの容量が必要なのか分からないと思いますが、500MBプランで容量が足りなくなった場合でもプラン変更が可能なので、安心して一番安いプランを選ぶ事ができます。逆に3GBプランを選んだけれども、これほど容量は必要ないと感じたら、下のプランへ下げる事もできますのでミニムの方が融通が利きますし、適正なプランを選択できるので費用を抑える事ができます。

ロリポップさくらのMovableTypeの設置ガイドにはSQLiteデータベースの設定の仕方しか掲載されていませんでした。しかしミニムの場合はMySQLデータベースとSQLiteデータベースの両方の設定方法が載っていますので、自分の使いやすい方で設定できると思います。初めての人にはMySQLとSQLiteのどこが違うのか分からないと思いますので一応説明します。

SQLiteの利点はデータのバックアップが簡単なことです。MovableTypeの場合、[ツール]をクリック、[バックアップ]をクリック、圧縮フォーマット[tar.gz]をクリック、[バックアップを作成]をクリック、マウスを4回カチカチ押せばバックアップ終了です。欠点はセキュリティ機能がなく安全性に問題があるので、.htaccessの設定を行わなければならない事ですね。(.htaccessを設定するのはデータを保護する為です、設定を行わなくても動かす事はできます。またサーバーによっては.htaccessの設置ができない場合もあるそうです。)お試し期間中の場合はサーバーの移転を考えるとバックアップが楽な方が良いと思うので、SQLiteデータベースを使い、あちこちのサーバーを渡り歩いた方が良いと思います。

MySQLの利点は安全性と高速性、またデータベースが複数あれば、複数のソフトウェアを利用できる点です。ソフトウェア1つにつき1つのデータベースを利用するので、ミニムサーバーやエックスサーバーのように複数のデータベースがあれば、それだけ多くのソフトをインストールする事ができます。欠点はMySQL4とMySQL5に互換性がないので、バックアップを行う際にデータを切り替え後のバージョン用に修正してから移行する必要があります。つまりデータを移動させるのが大変なので、サーバー移転をするのが面倒です。MySQLを利用するのなら、本契約するサーバーを決めてからにした方が良いでしょう。

ミニムはロリポップやさくらに比べると圧倒的に無名ですが、実際の使い心地はミニムの方が良かったです。サーバーを利用する目的によって、選ぶポイントが違ってくるからでしょう。私はミニムが気に入りましたので本契約してみようと思います、無料お試し期間中に気がつかなかった利点や欠点などがありましたら、またご報告させていただきます。

関川 拝

さくらサーバーの感想

| トラックバック(0)
本当はチカッパサーバーを試したかったのですが、残念ながら私にはインストールできなかったので、同じ位の金額のレンタルサーバー、さくらのスタンダードプランを試してみました。さくらの良さという訳ではないのですが、MTのインストール方法を検索したり、MTのガイドブックを読んでみると、さくらのレンタルサーバーを例にして説明しているものが多いです。新世代どっとネットさんで紹介されていた入門書もさくらを利用していました。初めてMovableTypeを利用する方には入りやすいと思います。

実際にさくらのスタンダードプランを試してみると、MTの再構築が速いですね、重さがまったく感じられません。お試し期間中に500エラーが出る事も一度も無く快適でした。月額500円クラスになると全然違いますね。MTの記事が増えると再構築に時間がかかるらしいので、この速さは魅力的ですね。さくらはレンタルサーバーの情報をあちこち調べてみても、安くて使いやすいと評判です。

ただし私としては世間の評価ほど、さくらが使いやすいとは思えませんでした。理由はアクセス解析の見辛さです。どうやら低価格のレンタルサーバーは費用を抑える為にフリーのアクセス解析を使用しているようです。ロリポップはanalog(アナログ)、さくらはwebalizer(ウェブアライザー)、他の安いレンタルサーバーも大抵はこのどちらかを使用しています。チカッパが専用アクセス解析チカッパANALYZEを用意しているのに比べると見劣りしてしまいますね。世間ではメールアドレス数やディスク容量が評価のポイントになっていますが、私はブログ衆として使いやすいサーバーを探しているので違った結果になったのだと思います。

アクセス解析はエックスサーバーのAWStats(エーダブリュスタッツ)が高性能でした。次回はこのAWStatsが利用可能なサーバーを選んでみようと思います。こちらで比較すると分かりやすいですが、機能が全然違いますね、NOがほとんどありません。今回でサーバーの移転は3回目になるのですが、苦手な事でも何度も繰り返していると自然と詳しくなりますね、選ぶポイントも分かってきました。次回あたりからはブログ衆としてお勧めのレンタルサーバーを実際に紹介できると思います。

関川 拝
ロリポップサーバーの後、次に選んだのがチカッパサーバーでした。同じ系列の会社らしいので、金額の違いでどれだけ性能が変わるのか分かりやすいと思ったからです。コミティア89の後の飲み会で、偶然チカッパサーバーを使っている野間新聞の方とお話をしましたので、そちらの方の感想もお聞きしてきました。私はPCの初級者、野間新聞の方は上級者です。それぞれ異なる視点での感想ですので、上級者の方にも初級者の方にも参考にしていただけると思います。

まずは良い点ですが、アクセス解析がすごく見やすいです。日別、ページ別、時間帯別、検索ワード、リンク元URL、IP、ブラウザ、OS、グラフ付きでキレイに表示されます。ロリポップのアクセス解析は使いにくいし、分かりづらかったのですが、チカッパは違います。総アクセス数、ページアクセス数、アクセス人数など日本語で表示されていますので、一目で分かります。Pages、Visits、Sites、と書かれてもイマイチ分かりづらいですからね。そして野間新聞さんが実際に使ってみたところ、サーバーは非常に安定しているみたいです。ロリポップでは重くてエラーが多かった点も、チカッパでは解消されていますね。

サーバーが安定している理由を尋ねたところ、チカッパくらいの性能になると企業が使うからだそうです。企業のHPを毎日訪問する人はおらず、アクセス数は安定しています。逆にロリポップは個人のブログやHPがメインなので、毎日のアクセス数がまばらになります。更新をサボれば訪問者数は全く増えない代わりに、2ちゃんねる等に張り付けられて炎上したら、アスセス数は急上昇します。自分の割り当てられているサーバーが、急上昇した人と同じサーバーだったりすると、自分のブログまで重くなってしまうそうです。

次に悪い点ですが、チカッパサーバーにMT4をインストールする場合、独自ドメインを使用する人は設定ファイルの mt-config-cgi を直接テキストエディタで編集し、 CGIPath の変更をしなければならず、初心者には難易度が高すぎます。特定のレンタルサーバーにはMT4の自動インストール機能が備わっていますが、チカッパにはそういった物は用意されていません。ロリポップでは設定ファイルの編集を行わなくてもMT4をインストールする事ができたのに、同じ系列会社のチカッパではなぜか自分で編集しなくてはなりません。おかげで初級者の私は、MT4をチカッパサーバーにインストールする事ができず、結局次のレンタルサーバーに移転する事になってしまいました。

もう一つ悪い点は、サポートがあまり良くないです。企業がHPを開設する際には、社員の中にお抱えのエンジニアやPCに詳しい人が居ますから、何か問題が起きても自力で解決できるのでサポートに頼る必要がないからだそうです。確かにロリポップに比べてチカッパのオンラインマニュアルは、FTPソフトや解凍ソフトの説明も無く、初心者を対象にしたものではありません。オンラインマニュアルだけではMT4の設置が解決しないので問合せのメールをしてみても、「オンラインマニュアルにてMovableTypeの設置方法をご案内しております。マニュアルの手順に従って、設置をお試し頂ければ幸いでございます。」と返信が帰ってくる有様ですので、問合せは頼りになるとは言えません。

結論としては、上級者が使う分には文句がありません。サーバーが安定していて、アクセス解析も見やすく、月額費用はエックスサーバーの半額です、サポートが悪くても自分で解決できる実力があれば問題なしです。しかし、初級者にとってはサポートのオンラインマニュアルと問合せが充実していないので、MT4のインストールですら大変難しいです。上記の設定ファイルの編集を見て、意味が分からない人にはお勧めできません。野間新聞さんのお話だと最初の設定は難しいかもしれないけれど、それさえ済ませてしまえば後は使いやすい」だそうです。無料期間は15日間(半月)あります、ご自分のPCの実力に合わせてお試しになってみてはいかがでしょうか。

関川 拝
現在、ロリポップサーバーにMovavleType4.2をインストールして使用しています。どのサーバーにもお試し期間がありますが、ロリポップサーバーは10日間です。始めてMovableType4.2に挑戦する人は、FTPソフトや解凍ソフトを用意したり、MovableTypeをインストールしている間に時間が過ぎていくので、実際には10日間も使用できないですね。お試し期間中にサーバー移転を考えているなら、なおさら短く感じます。

まず、ロリポップサーバーのオンラインマニュアルにMovableTypeの設置方法が掲載されていますが、Windowsの方は比較的丁寧ですが、Macの説明は分かりづらいです。PCの上級者だけがMacを使う訳ではないので、これでは初心者は理解しづらいですね。御蔵で質問してみたら、Macでのインストールは諦めたという人の話も聞きました。私は慣れる為にMacでインストールしましたけれども、やり直しも含めて4日もかかってしましました。サーバーをレンタルをする前に、インストール方法が掲載されているガイドブックを用意しておいた方が良いでしょう。

実際にロリポップサーバーを使ってみて感じた事は、午後の10時半を過ぎた辺りから、エラーが出やすい事です。一時的にアクセスが集中し、ページを表示する事ができません。(しばらくたってから、再度アクセスして下さい。)と表示され、MovableTypeの管理画面が表示されなかったり、設定の保存をしようとした時にエラーが出たりします。koholintさんにも重いと書かれていますが、確かに夜になると重くなりますね。

調べてみるとロリポップサーバーだけの問題ではなく、MovableType4.2自体が重いみたいです。MovableType4.2を使わずにロリポブログを使うのであれば、使用感は変わるかもしれません。最初にエラーが出た時は、月額263円の比較的安いレンタルサーバーなので、性能はこんなもんかな?と思いました。でも無料ブログよりも使いづらい環境ならば、お金を払っている意味がありませんよね。ですからMovableType4.2を使う予定の人には、私はロリポップサーバーをお勧め出来ないです。もちろん当たり外れもあると思いますので、私以外の人の意見も参考にして下さい。

モタモタしていると無料お試し期間が過ぎてしまいますので、さっそくサーバーの移転作業に入ります。連山推奨のエックスサーバーは高性能ですが、月額1.000円以上ですので手が出ない人も多いと思います。そういう人の為にも安くて使いやすいサーバーを探そうと思っていますので、次も比較的安いサーバーを試す予定です。

関川 拝

iTunesのPodcastメニューの画面にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。


2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31