温暖化する地球

| コメント(1) | トラックバック(0)
今回は宇藤さんから温暖化する地球についてお話していただきます。

地球の平均気温上昇することで、海中にどのような影響が出るのか?
地球温暖化により、2100年に海水面はどのぐらい上昇すると予想されるのか?


AralSea1989_2014.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gokigen.org/mt/mt-tb.cgi/397

コメント(1)

【地球温暖化は止められる】

すでに二酸化炭素を除去して発電する技術は実用化されて公表されています。。。

http://sunshine.dreamlog.jp/archives/13775212.html

この技術は無料で日本語で公開されており、誰もが実践して真偽を確かめることが可能です。他人に問い合わせたり真偽について議論する前に、まずは自ら実践して確かめましょう。この技術では、二酸化炭素を常温で固体化し、そのプロセスでなんと電力が生成できるという画期的なものです。よって、100年後の海面上昇の問題など、もはや我々の心配する事ではない。何故ならば二酸化炭素増加による地球温暖化は二酸化炭素の固体化によって食い止められることが確定したからである。これらの技術が表に出た以上、もはや何をやっても未来線は大きく変化しません。。。地球環境を汚染した責任はまだ生まれてすらいない100年後、数百年後の子孫に押し付けるのではなく、現在生きている世代が全うすべきである。水素文明の提唱する植林や砂漠緑化も数百年も不要で生まれてもいない子孫に自分たちのツケを支払わせるのは論外であり、このCO2固体化技術によって現在生きている人たちが自己責任で地球環境の修復という重大な責務を全うすべきである。

http://sunshine.dreamlog.jp/archives/13549701.html

ケッシュ氏の話-ガンズ生成でCO2問題が解決できる:
国連では地球の温暖化防止についての話し合いをしているが、CO2ガンズの生成が実はCO2削減の解決方であることにこれまで誰も言及した者はいない。今やあなた方は皆、すでにCO2ガンズを生成してエネルギーに変換する方法を学んだ。

これは商業化することが可能である。ケッシュ財団は科学的組織であるが、それをリードしていくために、CO2を大気中から採取するためのキットの製造販売を企画している。後にこれに充電可能な電池を追加していく。

地球の温暖化を嘆いてデモ行進をする必要はない。本当の意味でのフリーエネルギーは既にここにある。だが、それをもたらしたのはあなた方である。あなた方がいたのでそれが実現した。
中略
これらのユニットをいくつか並べればCO2汚染を浄化して地球温暖化と呼ばれるものを止められる。
ーーーーーーーーーーー

ご自慢の水素文明準拠のリチウムイオン電池や水素エネルギードライブと組み合わせて、CO2ガンズ生成中に発電される電力を充電したらどうですか?EVの充電所はCO2ガンズ工場と兼用するのが良いだろう。生成したCO2ガンズは肥料としても使えるので、水素文明ご自慢の農業や水耕栽培でも活用できますよ。自然エネルギーベースでは天候に左右されるものの、これらは原料さえあれば好きなだけ発電できますよ。このような蓄電池なども最終的には充電すら不要なプラズマ電池に置き換えられて行くでしょうが、それらが普及しきる過度期にはまだ役立つはずなので、最後の華を咲かせましょうか。

コメントする

iTunesのPodcastメニューの画面にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。


2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31