自立分散型エネルギーの説明会その2

| コメント(0) | トラックバック(0)
前回に引き続き、松浦さんから新軍操練所の説明会について、ご説明していただけます。

今回は、新軍操練所の自立分散化エネルギーのもう1つの説明会についてお話しさせていただきます。880年前に作られた溜め池を改造して作られた小規模ダムと歴史のあるお寺を見学していただけます。この小規模ダムは、住宅地に近い場所にあり、短い距離で飲料水と発電による電気を供給することが可能です。気候変動で、災害が多くなりますので、送電線が雷や積雪で倒れたり、水道が断絶することが多くなります。そういう場合でも、住宅地に近い場所にダムがあれば、輸送路が短くなりますので、送電線や水道が断絶する危険が減ります。

自立分散型エネルギーは、個人で行うのも効果がありますが、このように地域の合意が得られれば、より効果が大きいダムを作ることも可能です。この例では、県の予算でダムを作っています。元々ある溜め池を改造したものですので、普通のダムより建造費用は少ないです。このように、自立分散型エネルギーは、1人で行うよりも、協力者を集め、地域の政治家を動かすなど、周囲の人を巻き込んで、地域や会社ぐるみで行う方が効果的です。

また、水耕栽培のキットの販売所と、メガソーラーと200Vのプラグイン電気自動車の低速充電所もあります。自宅で水耕栽培を行いたい方や、自宅でプラグイン電気自動車の充電器を設置したい方は、こちらの会場をお勧めします。こちらでも、3D動画で、実験船ブルーノアと電気自動車を使った防災について、ご覧にいただけます。

説明会で興味を持って頂けた方は、月に1度開催される、新軍操練所の実験船ブルーノア号の体験会にご参加いただけます。お申し込みはこちらまでお願いします。



メルマガ購読・解除 ID: 275446
水素文明を産み出す士官学校ML
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gokigen.org/mt/mt-tb.cgi/244

コメントする

iTunesのPodcastメニューの画面にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。


2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31