乞食に物乞いされました。

| コメント(0) | トラックバック(0)
今回の放送は、日本の現状と未来です。

コミケは入場者数がとても多いので、午前中から会場に入ろうと思えば、会場前で早朝から並ぶ必要があります。そこで私達は当日、上野駅前のコンビニに集合して、そこから始発の電車で会場に向かう事になりました。当日の朝、早朝の上野駅前を歩いていると、歩道で寝ていた初老の男性に声をかけられました。酔っぱらいでしょうか?変な人に絡まれるのも嫌ですし、何より待ち合わせ場所へ向かっている最中でしたので、そのまま待ち合わせ場所のコンビニへと向かいました。

ところが、待ち合わせ場所に到着しても、まだ誰もメンバーが集まっていません。携帯電話でメンバーに集合場所に着いたと連絡を入れた後、コンビニ前でメンバーを待っていると、突然、見ず知らずの誰かが声をかけてきました。どうやら先ほどの男性のようです。

「すみません、お兄さん、私、先週、派遣を首になって、何も食べてないんです。100円で良いんで恵んでもらえませんか?お願いします、神様。」

と、お腹をおさえながら私に話しかけてきます。どうやら乞食に物乞いをされている状況のようです。しかし、いったいどうするべきなのか?何と言って断るべきなのか?対応の仕方に困って少しの間、固まっていると、偶然そこに通りがかった若い男の人が、私に向かって、ダメダメお金あげちゃ駄目だよ、という感じで手を振って、ジェスチャーしてくれました。私も、ただで人から恵んで貰っていると、この人は余計に駄目になると思って、お金は差し出しませんでした。私に恵んでもらえない事が分かった男性は、その辺の歩行者に片っ端から声をかけ始めます。

「本当に何も食べてないんです。100円でいいんで、恵んで下さい、お願いします、神様。」

しかし、どれだけ声をかけても、彼は誰からも助けてもらえませんでした。この男性は他のホームレスに比べて、身なりが比較的きれいでしたので、もしかすると本当に、つい最近仕事を首になって、路上生活を始めたばかりだったのかもしれません。生活保護の支給額が減っているので、失業者の食生活に影響が出ていると思います。日本の財政が悪化しているため、パンとサーカスが維持できなくなっているようです。厳しいですが、これが日本の現状です。

それでは、今後、経済的に追いつめられた人々の未来は、いったいどうなるのか?というと、今後も誰にも助けてもらえません。利権団体と貧乏人との関係は表裏一体だからです。利権団体は多数の貧乏人から搾取することでお金を得ています。ですから貧乏人がたくさん死んでしまうと搾取の対象を失いますので、貧利権団体は貧乏人は共倒れとなります。何もしなかった人達と既存の政治家や利権団体は相打ちで潰れます。それが日本の未来です。


メルマガ購読・解除 ID: 275446
水素文明を産み出す士官学校ML
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gokigen.org/mt/mt-tb.cgi/317

コメントする

iTunesのPodcastメニューの画面にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。


2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31