福島原発の現状と汚染水問題

| コメント(0) | トラックバック(0)
今回は福島原発の現状と汚染水の問題に着いて、高橋さんから語っていただきます。

最近、取り沙汰されているのは、汚染水の問題ですね。汚染水が漏れているというような事を散々指摘されていました。遅ればせながら東電の方でも認めたというような形になっています。今度、遮水壁を作ったは良いんですが、漏れないように遮水壁を作りますと、内側に汚染水が溜まってそれが地表に溢れたら、泥沼野のみたいな状態になるんじゃないかと、そうすると福島原発の基礎の部分が浮いてきてしまうんじゃないかという事も心配されます。この汚染水の問題も、元を正せば福島原発が蓋をされていない、漏れっぱなしだというところに一番の問題があるわけです。そこの元を絶たない事には、漏れて来たものをいくら事後的に対処しようと思っても、いたちごっこになるだけだ。というのが今の現状だと思います。

事故処理というものをどう進めていくのかという事が、非常に重要な問題なんですが、そもそも事故処理って可能なのかという事が問題としてあります。当事者である東京電力が投げているような印象があります。東京電力にそれだけのリーダーシップが持てるんだろうか?という事が懸念されるわけですね。じゃあ東京電力には任せておけないとなった時に、国だったらやれるのか?事故処理ができるのか?といいますと、こちらの方も私は甚だ怪しいと思います。

今回、鹿児島の桜島が史上最大の噴煙を上げた、という報道がありましたけれども、富士山の噴火が危ぶまれていたりしますね。南海トラフの大地震とか、東日本大震災の余震だってまだあるかもしれません。首都圏直下型なんて事も言われております。そういった自然災害が起こった場合は、事故処理とか災害処理に当たって、国の財政だって破綻するかもしれません。二次的に今の福島の事故処理すら出来なくなってくる可能性すらあります。

そうしますとまず、災害が起きるものだ、と想定して、首都圏とか福島近辺に済む人は、避難できるような心構えとか、避難先の確保が必要になってくるのではないかと思います。大変な被災者が発生しますので、怪我とか健康被害が出てきます。そういう時に医療が機能しているという事が、非常に重要になってきます。

先日私は、佐藤さんを偲ぶ会に参加しまして、そこで経済アナリストの藤原直哉さんとご一緒させて頂く機会がありました。藤原さんと医療は災害時医療、防災医療という観点から自立分散型のエネルギーというものをどうやって構築していくかと、いうことでお話をさせていただきました。

医療というものは非常に電気を必要とします。電気がなければ医者がいてもなかなか役に立てません。災害時には電力インフラも麻痺する可能性があります。ですので、自立分散型のエネルギーというものを少しでも機能させるようにして、それが医療とか公共の福祉に結びつくような形で、生かせるように準備していきたいなぁと思っているところです。


メルマガ購読・解除 ID: 275446
水素文明を産み出す士官学校ML
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gokigen.org/mt/mt-tb.cgi/319

コメントする

iTunesのPodcastメニューの画面にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。


2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31