安全性の高い海産物の入手方法

| コメント(0) | トラックバック(0)
本日の放送は、安全性の高い海産物の入手方法です。

大阪に在住の松浦と申します。前回の宇藤さんと河野さんの放送で話題に上がったように、
海産物の産地は、獲った漁場の場合と、水揚げした港の場合があります。そのため、例えば三陸沖で獲った魚を大きな船に詰め替えて西日本に運べば、
西日本の魚になるという、産地の偽装が普通に行われています。

そこで、海産物の代理購入の計画が持ち上がっています。大阪の小さめの漁港で水揚げした、旬の瀬戸内海の海産物を、私が代理で購入し、希望者の方に月1回お届けする計画です。瀬戸内海は、閉鎖した海で、黒潮の向きも南西から北東なので、福島沖に流出した放射性物質の流入はほとんど無いと言えます。今回、海産物を購入するのは、大阪の小さめの漁港で、取引高も少なく、他の漁場から大きな船は来ませんので、産地偽装の危険は少ないと考えられます。

購入者の方が、購入元である私達を信用できるかどうかが問題になります。そのため、8月11日の佐藤浩二さんを偲ぶ會に来て、納得していただいた方のみに限定で提供させていただきます。デメリットとしては、手間と輸送費がかかるため、値段が高いことですが、病気を気にしないで安いものを食べるか、健康に気を使い高くても安心なものを食べるか、あなたの選択の問題になります。

ガンなどの病気になってから健康に戻るのは難しいし、苦しいし、治療にお金もかかるので、健康を維持するためにお金を使うのは意味のあることだと思います。

お手数ですが、海産物の代理購入にご興味を持たれた方は、8月11日の佐藤浩二さんを偲ぶ會に来て頂くよう、よろしくお願いいたします。参加方法につきましては、まぐまぐのメルマガ「水素文明を生み出す士官学校」の方に記載いたします。 事前にお申し込みが必要になりますので、そちらをご購読下さい。

IMG_7104.JPG

メルマガ購読・解除 ID: 275446
水素文明を産み出す士官学校ML
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gokigen.org/mt/mt-tb.cgi/241

コメントする

iTunesのPodcastメニューの画面にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。


2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31