大戦略 打倒!友愛内閣

| コメント(0) | トラックバック(0)
今回の大戦略は、打倒!友愛内閣です。

2009年の衆議院選挙では民主党が政権交代が実現し、鳩山由紀夫を総理大臣とする、民主党友愛内閣が誕生します。鳩山は総理大臣に就任した直後の国連で「二酸化炭素の排出量を1990年比で2020年までに25%削減する」と演説していますが、これは政権交代により日本国内の利権団体にも勢力交代が発生し、石油利権からウラン利権へと変わった事を意味しています。二酸化炭素を多く排出する火力発電に代わり、二酸化炭素をあまり排出しない原子力発電に切り換えるというものです。ちなみに、この友愛内閣による原子力発電の促進は、ウラン利権を確保するためだけではなく、人口削減政策も兼ね備えています。

鳩山が「2020年までに二酸化炭素の排出量を25%削減する」と発言したのは、それを実現出来るだけの秘策が友愛内閣にはあったからです。二酸化炭素の排出量を削減する方法は、大きく分けて二通りあります。まず一つ目が、人間一人当たりが排出する二酸化炭素の量を減らす。そして二つ目が、二酸化炭素を排出する人間の数を減らす。このどちらかになります。そして友愛内閣の計画は二つ目のプラン、二酸化炭素を排出する人間の数を減らすです。それではどうやって人口削減を行うのか?というと少子高齢化の進展と、原発震災によって削減を行います。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gokigen.org/mt/mt-tb.cgi/110

コメントする

iTunesのPodcastメニューの画面にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。


2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31